学術・研究

【診療放射線技師としての学術発表】

 ・1992年9月  全国放射線技師総合学術大会

           共同発表演題名「鉄欠乏性貧血治療薬によるMRI経口用造影剤の検討」

 ・2003年11月 全国放射線技師総合学術大会 発表演題名「MRI導入に関する検討」

 ・2004年11月 全国放射線技師総合学術大会 発表演題名「技師が行うリスクマネジメント」

 ・2004年1月  転倒予防医学会 発表演題名「放射線検査室で行う転倒予防」

 ・2005年1月  日本磁気共鳴医学会 発表演題名「頭部Difusionプロトコルの検討」

 ・2007年6月  全国放射線技師総合学術大会 日韓大学学術講演会発表演題名「科内教育における教育プログラムの策定」

 ・2009年6月  全国放射線技師総合学術大会 発表演題名「当院においての危機管理について」

【活動:リスクマネジメント関連】

 ・2009年3月  リスクマネジメント協会 2009年春季大会

    演題名 「医療現場における情報流し手と受け手の共通理解を求めて」

  福岡メディカル研究グループ医療情報伝達手段質改善研究グループ 2009年度理事長賞受賞

 ・2011年4月  リスクマネジメント協会 2010年春季大会

    演題名 「人はなぜ実行しないのか!」

  福岡メディカル研究グループ医療情報伝達手段質改善研究グループ 2010年度理事長賞受賞

 ・2012年4月  リスクマネジメント協会 2011年春季大会

    演題名 「人はなぜ実行しないのか! 上司は不実行を如何に防ぐか!」

  福岡メディカル研究グループ医療コミュニケーション改善グループ(グループ名変更)

【医療機器安全管理】

 ・2013年8月 第88回 日本医療機器学会学術大会

    演題名 「遠隔医療画像診断サービス査読業務からの提言」ポスター発表

看  護  教  育  付属看護学校 放射線の基礎~臨床・治療へ

診療放射線技師教育   診療放射線技師養成学校 教諭 実験・実習・講義

            新カリキュラム対応:医療安全学 他

1.診療放射線技師業務

2.医療安全管理業務

3.医療機器安全管理業務

4.一般リスクマネージメント業務・危機管理業務 助言・講師業務

5.緊急被ばく医療 

6. 遠隔医療画像診断サービス査読業務からの提言1

7. 遠隔医療画像診断サービス査読業務からの提言2